ブログネタ
寒い日、いちばん気をつけることは? に参加中!

(かん)とは、の上で寒さが最も厳しいとされる期間のこと。
寒中(かんちゅう)、寒の内(かんのうち)ともいう。
二十四節気小寒の日から立春の前日(節分)までの約30日間で、大寒の日がほぼ中間となる。
小寒の日を
寒の入り、立春の日を寒明けという
(ウィキペディア より引用)

寒い日は、引用のように春の前には必ずくるので、一番気をつけてることは・・
「寒い」とマイナスイメージにならないことです。
そして、寒さに負けないため遠慮せずに着込むこと。。。。
その上で、徐々に体を動かして
体を暖めて行き、関節とかに負担をかけずに
動くことを心がけています。
 
そうすると、楽しい春が向かえられます。